ガンホーが倒産したらその株はどうなるのか

ガンホーくらい堅実な企業で成長性が見込まれていれば、安心して保有することもできるでしょう。しかし、世の中には万が一と言うこともあります。もしも株式に投資をしていた企業が倒産した場合にはどうなるのでしょうか。多くの場合には、投資家には1円も戻ってきません。つまり、株は紙くずになると言っても良いでしょう。現在では、上場企業の株式は電子化されていますから、データが消去されると言うだけのことで、実際には何も残りません。

多くの場合にはこのようになっているのは、倒産というのが債務超過の状態を指すケースが多いからです。企業の資金調達方法としては債券の発行と株式の発行が主なものです。もしも会社を解散する場合、まず債券をすべて償還します。資産を整理して、そこから得られたキャッシュは債券の償還に当てられるのです。そして、それでも資産がまだ残っている場合には、株式に投資をしている投資家で分配します。このときには保有している株数に応じて分配されることになります。

ですから、ガンホーが倒産したとしても、もしも多くの資産をガンホーが持っていた場合には、投資家はいくらかの資産を取り戻せることが多いですが、このようなことはあまりありません。というのも、多くの場合には借入金や未払い金の支払いなどに試算の多くが割り当てられるからです。

ただ、投資家は株価がゼロになると言うことを除けば被害はないと言っても良いでしょう。ガンホーが倒産したとしても、ガンホーが負っている借金を代わりに支払わなければならないと言うことはありません。出資した金額よりも大きい損失を発生させることはなく、これを有限責任と呼びます。株への投資は有限責任ですからリスクは限定的です。