小松ストアのように上場廃止にならない第一生命株

小松ストアは以前は上場していた企業でしたが、流動性に問題があるということで上場廃止になってしまいました。
上場廃止になる理由というのは様々なものがあり、多くの人は倒産などによって上場廃止になってしまうと思っているものですが、それだけではなく株の上場には自由に売買を行うことができる流動性が確保されている必要があったり、十分な株主の数といったものが決められています。
小松ストアの場合にはその流動性に問題があったので、上場廃止ということになったのですが業績の悪化などによって上場を廃止したわけではないので、株としての価値が無くなってしまったわけではありません。
しかし、自由に市場で売買をすることができなくなったということを考えると小松ストアの株の価値というのは下がってしまったことになるので、投資をする上で上場廃止になる影響というのは投資家にとっても大きなものとなります。

そこで、そのようなリスクの少ない銘柄に投資をしようと思った時には第一生命のような大型の銘柄に投資をすると良いでしょう。
第一生命は東証一部の大型銘柄であり業績もしっかりしているので、流動性という面では全く問題がありません。
業績的にも保険業ということで急激に業績が悪化するようなものでもありませんから、いきなり倒産をしてしまうというおそれが少ないのでそのような部分で上場廃止を心配するようなこともありません。
残る可能性としては第一生命がなにか大きな不祥事を起こし、上場廃止になるというパターンですがそのようなことが起きる時というのは事前に噂が流れるものとなっているので、その場合には怪しいとなった時に手放しておけばリスクを回避することができます。