SARAH株は取引可能?建設業の銘柄に注目

SARAHのサービスは、料理のメニューを調べることができる専用アプリを作るといった、共有と検索機能がついたアプリ開発などになります。情報通信を業種とするSARAHは、資本金2500万円の株式会社です。しかし、現時点では株式市場に未上場ですので、SARAHの銘柄を一般の投資家が取引をすることはできません。投資をするなら、また別の銘柄をあたるようにしましょう。
今から国内株を購入するなら、建設関係の銘柄を選ぶのがおすすめです。というのも日本はオリンピックの開催を将来控えているからです。オリンピックを開催するには、関連する施設や道路などの建設が盛んになります。
それだけ建設業の会社が儲けを出せる可能性が高まりますので、多くの投資家が関連銘柄の購入を希望するようになります。投資家が集まると、株価が上昇する傾向が強まります。その上昇を狙って、保有する銘柄を売れば、売却益が得られやすくなります。同時に、その銘柄の会社の業績がよくなれば、配当金も上昇するチャンスが巡ってくる可能性が高まるのも、魅力的な部分です。
ですが、売却益を狙うのであれば、購入のタイミングをきちんと見計らわなければ、あまり利益が得られなかったり、逆に損をすることもあります。
株価が上昇傾向にある銘柄は、できるだけ早めに取得するのがポイントです。あまりにも価格が高くなった時点で購入しても、その後の価格上昇幅が小さくなってしまったり、十分に上昇したと判断した投資家が売り注文を盛んに行うことで、価格が下落してしまう恐れがあるからです。
購入した時の価格がほぼ天井で、その後は長期にわたって下落をしてしまっては、損切りをするか、塩漬けにするしかなくなってしまいます。